レントゲンやCTの専門家|リンパマッサージの技術を得る為にスクールへ通おう
レディ

リンパマッサージの技術を得る為にスクールへ通おう

レントゲンやCTの専門家

男女

予習と復習の習慣を

診療放射線技師は放射線を用いる検査、例えばレントゲンやCTなどを用いるために必要な資格で、大学や専門学校を卒業して国家試験に合格することで取得できます。放射線を用いるということから、診療放射線技師は理科系の知識が幅広く求められます。検査である以上、人体の構造など生物学的な観点が必要であるほか、放射線を用いることから物理学的な観点も求められます。しかし、高校で理系のコースで学んでおけば、大学や専門学校への入学自体は十分可能ですし、文系の人でも入試対策を行うことで入試に合格できることも少なくありません。入学後の学びでも、理系の科目を履修することが必要となるほか、専門的な科目も多く履修し、実習も必要です。しかし、覚えることが中心となるため、予習や復習をする習慣さえあれば、たとえ文系であっても十分に習得することが可能です。

社会人から養成学校へ

診療放射線技師への転職を志して社会人を経てから養成学校へ行きたいと思う人もいます。社会人の場合は社会人入試を受けることができます。特に大卒や短大卒の社会人が診療放射線技師の養成学校への入学を検討する場合、卒業した大学や短大の学科が文系か理系かによって対策が異なります。理系の場合は学科にもよりますが既修単位を活かすことができる場合もあります。文系の場合は、一定の基礎知識が必要なので、入学前に通信制大学等の科目履修生などで生物や物理に関する科目のほか、基礎医学や公衆衛生などに関する科目を履修しておくといいでしょう。診療放射線技師は安全な検査のために必要な資格・職種であり、今後もニーズの高い職業です。検査方法が高度に発達していくため、新たな人材が求められています。